Blog

『Landmark.~2010/10/10~』

サウンド&レコーディング・マガジン2010年11月号増刊 GROOVE AUTUMN 2010 須永辰緒×DJ EMMA 〜大御所2人が語る“なぜ現場でレコードをかけ続けているのか” このお二人の言葉に、自分はまだまだまだ甘いな~と思いつつ、DJをやり始めた頃を思い出しておりました。 僕がDJを始めたのは13年前くらいかな。その頃は、簡単にクラブではプレイできずにあそこのbarにタンテがあれば飛び込みで回させて下さい!とお願いしてみたり、ミックステープ作っては配ったり(内容はともかく。)クラブで、ましてやFLOORでプレイだなんて! とにかく、FLOORでやりたいとかいうよりも自分の好きな曲をみんなにも聴いてほしかったという感じだったのかな。元々、ジャンル的にもLoungeが好きだったし。 レコード屋さん(G-STONEには特にお世話になりました)にも良く行ってた。そんで良く買ってたな~、バイトしながら月に5、6万円は普通に費やしてた。 そんな思い出が甦ってきたり、これは秋のせい?歳のせい? まあ、そんなことより昨夜は親しい友人たちと飲み会、その後スギウラムンさんを見に行ってきました。大量飲酒後のクラブ。この気持ちよさはずっと変わらないですな。 今日の1枚 とにかくSlip away!哀愁漂うこのサウンドがたまらない。 さあ、今からちょいと秋を感じにコスモスでも見に行くかな。 サウンド&レコーディング・マガジン2010年11月号増刊 [GROOVE AUTUMN 2010[ ■仕様:A4判/148ページ ■価格:880円(本体838円+税) ■発売日:2010.09.28 www.rittor-music.co.jp/hp/gr/   レコードの秋〜人気DJたちが語る魅惑のアナログ世界 ■特集1 レコードの秋 100年以上も前に発明されたメディア、レコードが、なぜ現代でも愛され続けているのか? サウンド、ジャケット、たたずまい……さらに奥底にある“何か”を会話やディスク紹介を中心に探求していきたい。 ◎須永辰緒×DJ EMMA 〜大御所2人が語る“なぜ現場でレコードをかけ続けているのか” ◎カジヒデキ×仲真史×松田“chabe”岳二 〜インディ/ポップシーンにおけるレコード文化 ◎小西康陽×常盤響×前園直樹×馬場正道 〜和モノ/亜モノレコード座談会 ◎ケニー・ドープ 〜屈指のハードディガーが選ぶLP×10 ◎ピート・ロック 〜サンプリングの粋を解するLP×12 ◎黒田大介 〜漆黒のニューディスカバリー×32枚 ◎大川毅 〜SP盤レコードという未知の世界 ◎生音ジャズ2010 〜選曲リスト公開! ■特集2 DJコントローラー導入ガイド 多機能なDJソフトのポテンシャルを引き出すときにはDJコントローラーが強い味方になります。本企画では、多彩なラインナップをタイプ別に整理するとともに、ニーズに応じた選定方法を紹介。 ◎DJコントローラーの基礎知識 ◎タイプ別に見るDJコントローラー ◎製品選びのポイント〜iPhone/iPod touch/iPadでDJソフトをコントロール ◎DJコントローラー総合カタログ ■Fasion Story TheSoloIst. DJ×注目ブランド ■選曲解剖 SKREAM ■Other DJ Packing List by DJ SARASA
ページをシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページへのリアクション

Next Event

20994148_1195715697199568_336007867262419589_n
FLAVOR
[date] 2017/09/23 (sat)
[place] @ club CAVE
[start] 22:00~
[price] ¥1,500 ( 1drink付 ) ※フライヤー画像提示にてプラス1drinkサービス♪

Mix

FLAVOR DJ陣によるミックス/コンピの視聴コーナー。

mix_SWING_jacket
[title] SWING
ƒAƒ‹ƒoƒ€ƒWƒƒƒPƒbƒgout
[title] the gleam
写真 2015-01-21 19 50 47
[title] MIX_0002

Twitter

フォローミー!

Ad