Blog

なぁたの「Un favori」13

  • from: NA-TA
  • date: 2012.03.09
今週末も雨降りですが、いかがお過ごしでしょうか。 温かくなったと思ったら、また寒い日がやってくるようです。 そんな日は、部屋にこもってクラシックソウルなんてお勧めです。 Down ta my house/RUFUS THOMAS Rufus Thomas→ルーファス・トーマス(1926年-2001年) この音楽とのきっかけは、iPhoneのラジオでクラシックソウルのラジオを何気なく聞いていた事がきっかけでした。 ピアノから始まるイントロに私のセンサーがビビビッと反応したのです。 力強い声。 軽快なリズム。 ピアノの心地よさ。 それで、どんな人が歌っているのかを調べたら。。。 わおw なんと、大胆な格好。 “The World’s Oldest Teenager”=「世界で最も年を取った10代」という愛称を持ったルーファスは、少年時代にタップダンサーとなり、コメディアンから歌手へと転身というなんとも驚きの転職を続け、天職を見出した人なんです。 彼は、アメリカで初めて黒人でラジオのDJをした方です。 50年〜60年代を盛り上げた人といっても過言ではありません。 そんな彼のこの曲を今日は聞いてみませんか? それでは、良い週末を。
ページをシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページへのリアクション

Next Event

DQR4oqGUIAAQJq1
FLAVOR
[date] 2017/12/23(sat)
[place] @ club CAVE
[start] 22:00~
[price] ¥1,500 ( 1drink付 ) ※フライヤー画像提示にてプラス1drinkサービス♪

Mix

FLAVOR DJ陣によるミックス/コンピの視聴コーナー。

mix_SWING_jacket
[title] SWING
ƒAƒ‹ƒoƒ€ƒWƒƒƒPƒbƒgout
[title] the gleam
写真 2015-01-21 19 50 47
[title] MIX_0002

Twitter

フォローミー!

Ad